転職して一年、活躍の場を探しての転職のはずが・・・。

IT系の会社に勤めてキャリアを積んで10数年、その間、様々な経験を経ながら困難を乗り越え成長してきた自分。
当時は受託開発でメンバーからPL、PMと経験を積むことでマネージャーとしてもキャリアを歩み始めた自分であったが、
会社の方針により、受託開発ではなく、パッケージに主力を入れることによる事業再編により当時所属していたメンバーの半数が部署移動する事態となる。
異動せずに残った部署では新規開発がなくなり、運用保守だけの状態となり、このまま運用保守だけで終わっていいのか、と考えるようになる。
今までシステム開発でキャリアを積んできた自分にとっての運用保守だけの職場では活躍の場はなく、今までのキャリアを生かした会社を求めて現在の会社に就職。

システム開発における上流からの経験及びプロジェクトマネジメント経験を生かして再びシステム開発に従事する未来を思い描いて転職。
事前に受託開発があることも確認し、転職してからも活躍できることを確信しての転職したはずが、受託開発ではなく、SES型の業務で客先常駐。
エンドユーザーとの交渉及び金額調整等を実施してプロジェクトを推進する立場としては受託開発を続けていくはずが、客先常駐型で客先作業に従事することになるとは思わなかった。
当初は入社して日が浅いこともあり、修行の日々と思い我慢を重ねる。
しかし、商流で大手SIerの下での作業では結果に対する責任がなく楽な代わりに自分で決定権もなく、モヤモヤする日々が続く。
そのSIerのマネジメントがよければ今後の参考にもなるが、あまりにも杜撰であったため、私の今までに経験からこのままではプロジェクトが失敗すると判断。
PMのスキル不足によりお話ししてもまともに話にならないため、その上のプロジェクト責任者にも直談判してプロジェクトを立て直すための対応策を話するも聞き入れてもらえず、
完全に失敗することを確信。
そのため、自社に対して「このままシステム開発を続けていてもプロジェクトとしては失敗するため、現場を抜けさせて欲しい」
と申し入れるが会社は聞き入れない。
いろいろ格好いいこと言いながらお客に対して物言えない姿勢、当時、自社の社員は私一人であり、
その発言に対して耳を傾けない姿勢に失望する。
最終的に数か月後にはその客先を抜けることになるが、
その間、私が発言した通りの状況となり、プロジェクトがどんどん悪化していくが、私に決定権がないためどうしようもない。
何もできない自分の無力さを感じ、本当の意味で今までのキャリアを生かせる会社を見つけるため転職を決意する。
その後聞いた話であるが、私がその客先を抜ける直前に言った悪い予言がすべて当たったことを残ったメンバーから聞いた・・・。

未だに自分の望む活躍ができていないが、自分の経験を生かしてシステム開発を成功に導き、顧客も含めたプロジェクトに携わるメンバーが皆が幸せになれることを夢見ながら転職活動に励む日々である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です