心が折れてしまい、IT系での営業を辞めることにしました

新卒で入社したIT系の企業。
営業職は、今時珍しいバリバリの体育会系の企業でした。
毎日のテレアポ、お客様だけでなく上長からも怒鳴られる日々。
残った仕事を片付けるため、土日の出社は当たり前。
精神的にも体力的にも辛く、プライドはボロボロで、毎日泣いていました。

しかし、私は簡単に辞めようとはしませんでした。
すぐに辞職して第二新卒として就職活動を再開させても、ろくな就職先なぞそうそうない事を理解していた為です。
また、営業職として成功されていた先輩方は、皆さん非常にかっこ良く、ケタ違いの給与を勝ち取っていました。
「今まで散々親不孝してしまったのだから、耐えて稼いで、親孝行をする」
その思いが非常に強かった為、不思議と会社に対する愚痴は起きなかったものです。

実際、仕事は難しかったものの、沢山の印象に残る経験をさせて頂きました。
上場企業の役員クラスのクライアントの接待、社長との面談、同期との派手なストレス発散…。
「俺はきっと正しい道を歩んでいるのだ!」そう確信していました。

しかし、やる気とは裏腹に、私の能力の向上は非常にゆるやかなものでした。
入社後4ヶ月にして、上司のアシストもありようやく契約を一本頂いたのですが、その後は連戦連敗。
同期は次々と去っていきましたが、残った同期は非常に優秀。
成果を残し続ける同期と自分を比較し、焦りばかり募りました。

営業マン失格を言い渡されたのは、そんな時でした。
「結果も残せてないヤツが、何営業なんて名乗っちゃってるの」
役員からの厳しいツメ。悔しかったですが、事実その通りでした。
何も言い返せず、降格を受け入れました。

こうして私は、営業マンの下で働くこととなりました。
元同期の雑用をするのは、精神的に苦痛でもありました。
ですが、ここで泣いても仕方がない。必死に耐えて、いつかは成功する。
そう思いながら、努めて明るく雑用でも何でもこなしました。

そんな頑張りが認められたのか、雑用係としてはなかなかの評価を得ました。
今までロクに認められなかったもので嬉しくなった私は、喜んで土日も一生懸命働きました。
そして、さらに評価は向上しました。
時には体調を崩した営業マンの代わりにお客様と話すなど、再び営業マンとしての仕事をこなすこともありました。

ですが、そんな希望に満ちた私は、遂に心が折れることとなります。
4月の時点で提示された給与は、現行のものを下回る額。
さらに、「勘違いしているみたいだけど、お前あんま価値出てないよ」という上司からのツメ。

頭が混乱しました。
そして、休職手続きを行い、そのまま退職という形になってしまいました。
休職中は、一日中自宅で泣いていたような気がします。

今思えば、もう少し忍耐が必要だったと思います。
「価値が出てない?じゃあ価値を出してみせますよ!」という心意気があるべきだったと思います。
しかし、それと同時に自分はそもそも力不足であったのではないかとも思います。

仕事は楽ではないことを、厳しく教えてくださった企業でした。
当時は少し恨みはしましたが、今となっては非常に感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です