上司のパワハラに耐えていた、介護系IT職種

介護のIT室で働いていました自分は前の会社をパワハラ対策をしましたが辞めましたが、パワハラで辞めたいと思っている方にはアドバイスします。パワハラは自分は介護からパソコンの異動になりました。そこの上司は40歳の女性のインテリ女性でした。異動する前から自分は潰されてしまうと周りから言われていました。

さっそく異動してみて、教育指導があると聞いて異動しましたが、全く教育体制はできていませんでした。だからパソコンスキルがない自分には専門用語などさっぱりわからなくて、上司からは使い物にならない扱いを受けていました。

さすがに人格攻撃された時は辞めたくなりました。なんとか頑張ってパソコンスキルをあげようとしましたが、即戦力を求めてパワハラをする上司の対策をしてやるにはきついから上の上司に相談して異動にさせてもらいました。さすがにこれは勇気がいると思いますが、精神的に病んでしまってから復帰するにはかなりな時間がかかってしまうので、もしも今会社を辞めたい方がいましたら異動願いや上司に相談するのもいいかもしれません。

自分は上司の対策ををまた上の上司が知っていましたからすぐに異動することができました。でも後悔しているのはもう少し粘りが自分には足りなかったのかなあと思っています。

よくすぐに合わなくて辞めてしまうのはもったいなくて、少しは我慢して、仕事をする必要性はあると思います。これからは仕事を辞めたいと思ったら何故辞めたい理由を自分にといてください。わがままな自分もいるかもしれませんし、上司のパワハラやセクハラやいじめなどがあるかもしれませんし。そうした時は副業するのも一つの手かなあと思います。副業して収入源をたくさん持っていると足かに安定すると思います。

パワハラももしかしたら身分保証がついたら精神的に安定して働けると思います。組織は上にいけばいくほど、いろいろ知ってしまい、利益相反をしている人もたくさんしますね。仕事を辞める覚悟はかなりな精神的なものや、経済的に損失がたくさんで努力はたくさんあります。ぜひとも自分は会社に縛られたくない社会作りをしたくなくなりたす。会社を辞めたいと思った経緯などはかなり大事だから、しっかりと経過と上司の、相談をした方がいいと思います。ネットは自宅で企業もできますから。

これからは個人の働き方が変わっていきますので注意をつけるのも大事になってくると思います。無理だけはしないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です