キャリアを積むことができない運用オペレーター

私は、約4年間運用オペレータの仕事をしました。

24時間365日、窓がなくて光も入らず温度も一定に管理されたマシン室でシフト勤務をしました。

仕事はほぼルーチンで特別な知識は必要なく、用意された手順書に従って定型業務をこなすのが仕事でした。

仕事はそれほどきつくありませんでしたが、昇給はほとんどありませんでした。

私もIT業界で仕事をする前までは知らなかったのですが、IT業には商流があり、大手企業が自社でやりたくないような仕事を下請けに投げるという仕組みがあるのです。

私の会社は、そのもっとも下流の仕事を請け負うことしかしない会社でした。

そのために給料が安いばかりでなく、キャリアアップすること、すなわち上流工程の仕事をする機会は永遠にないのです。

しかし、私の業務は技術力が向上しないのですから、経験を積み重ねても自分で勉強しても、上流に食い込むことはできません。

自分の境遇に将来の不安を感じていましたが、かなり年配の先輩もいるので腐らずに一応真面目に働いていました。

しかし、そんな私も結婚をして子供ができると生活するためにお金を稼がなくてはいけなくなりました。

会社に状況を説明し、もっと働くことはできないか、単金の高い仕事に就けないか相談しましたが、そう簡単に事は運びません。

やむなく、私は転職を決意しました。

転職先は中堅のSIで運用はほぼやらず、上流の構築がメインの会社でした。

私は当時30歳で、その会社の中ではかなり若く、将来性も考慮して頂いての内定だと思います。

給料は2割ほど上がりました。

社内ではエンジニアがスキルを磨くための環境があり、構築に必要な環境と手順がある程度揃っています。

その手順を見ながら、初めて触る仮想環境で構築をしました。

しかし、理解力に乏しい私がやるとどうしてもうまくいきません。

あるパラメータが不正値のまま、どうやっても解決しないのです。

オペレータの時に与えられていたような完成されたマニュアルではなく、構築手順はエンジニアのメモのようなレベルでした。

あの時に先輩に言われた言葉は今も忘れません。

「これは本番環境ではなく、時間かかってもいいから原因を自分で調べろ。お前はエンジニアだろう」

結局は、一つのパラメータを修正するために丸二日かかりました。

しかし、今までIT業をやっていながら自分で何かを作ることをした経験がない私は、エンジニア扱いされたのは初めての経験でした。

逆に言えば、エンジニアなら自分が作ったものが動作しなければ原因を突き止めるのは当たり前のことなのです。

給料が上がった分、責任も重く感じましたし、必死で食らいつくために勉強もしました。

その後、私は技術的なスキルを少しずつ覚えて構築の業務をすることもできるようになりました。

改めて思い返すと、転職してなかったら自分がどうなっていたのか考えると怖いですし、今の会社に転職して良かったと思います。

IT業界だとスキルアップのために転職するのは効果的な選択だと思います。

運用オペレータに限らず、同じ仕事をずっと続けると新しい技術や知識を得る機会も狭めてしまう可能性があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です