商品開発プロジェクトと責任を取らない上司にはさまれて

数百人規模のIT企業に努めて、商品開発部門に所属していました。素晴らしいシステムを開発して商品化するのはやりがい
がありますし販売が成功すれば大きな評価も得られました。慢性的に忙しかったのですが、やりがいを持って仕事に当たってい
ました。会社の中では中堅というポジションになり、担当分野では好成績で仕事が出来ていました。

 ある日会社の幹部に呼ばれて、新プロジェクトを立ち上げるから参加してくれと言われました。今までの自分の得意部署にも
関連があり、社内でも話題になっていたプロジェクトだったので、喜び勇んで参加を表明しました。いよいよプロジェクトが開
始されて、プロジェクトの責任者に関係者が呼ばれて最初の会議が開催されました。具体的なプロジェクトの進め方、目標とな
るノルマ、運営体制などが説明されました。私はその中のサブマネージャーとして責任のある役目を頂いたのはうれしかったの
ですが、自分の得意分野への戦略がまったく出来ていなく、体制も弱いと思われるものでした。大きな不安を抱えたスタートに
なりましたが、日々の実務の中で軌道修正をかけていけば何とかなるかと思っていました。

 責任者は営業部門の部長で商品開発に関しては素人でしたので、目的の商品の品ぞろえはどれだけ必要か、どれだけコストと
期間がかかるか等の事は、まったく考慮が甘く都合の良い売上目標だけ決めて、早く商品開発しろと命令するだけです。商品を
開発するには市場調査をしてどんなシステムにどんな機能を持たせて、どのような価格を設定するか決めるのは至難の業です。
それを複数同時進行で作って売れないと、目的の売り上げには到達しません。商品開発を長年やってきた私には、無茶な要求に
思えました。売れる商品ひとつ作るのも簡単ではありません。

 経験的に、それまでかかわってきてよく売れていた商品の進化版を開発して、市場に出しましたが、売り上げが足りないと
その責任者から日々催促されます。死ぬ思いで複数の商品の設計をして開発を進めましたが、開発部門の火の車状況になりま
した。外部に委託する開発費用もなかなか出してくれないため、商品作りも進みませんでした。責任者は社長に大変耳触りの
良い報告ばかりしていたので、社長の期待も大きくなっていきました。しかし、プロジェクトは遅々として進まずやっと商品化
出来たものをなんとか販売に踏み切るので精一杯でした。責任者とも開発担当者としてなんどもぶつかり、このままでは失敗
すると言い続けましたが聞き入れられませんでした。2年ほどたって大きく目標を下回る結果になってしまった時、管理者は
社長にこのプロジェクトの失敗は開発担当の私の責任と報告し、社長もそれを認めて直接私が叱責されました。

 さすがに私も2年間の激務と上司の責任転嫁の姿を見て、この会社ではまともな仕事ができないと考え転職を考えました。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です