自衛隊からドライバーに転職

なぜか自衛隊に来る求人にはドライバー職が多いです。

バスドライバー、タクシードライバー、トラック運転手など・・

多いですね。

実際就職援護援護センターで求人を見ていても、そのように感じます。

もしかしたら自衛隊では大型の免許【外では中型相当】を取得できるからかもしれません。

そういった素養を持っている、最初から免許を持っている人を取りたいという企業側からの要求で自衛隊が日の目を浴びているのかもしれません。

自衛隊は演習があれば車を運転して、演習場まで移動していますが、そこまで車の運転に長けた人はいません。

車の運転を見ていても荒い人が多いし、安全運転をするような繊細な人は自衛隊にはいないんじゃないだろうかと思います。

トラック運転手のような仕事であれば、そんな人でもよいのでしょう。

ようは時間に間に合うように車を運転して目的地にたどりついてくれさえすれば良いという風に考えているクライアントが多いのかもしれませんね。

それならそれでよしです。

自衛隊って就職に対して積極的なイメージがありますが、実際にはそんなことはありません。

転職者がどんなブラック企業に行こうか構いません、それはその後考えて自分でうまくやってよねという風にしか考えていません。

だからブラックトラックドライバーとして働こうが後のことはなんにもしてくれません。

もしトラック運転手に自衛隊退職後に転職しようと考えているならぜひ危険物を取っておくことをおすすめします。

そうすれば、危険物を運搬することができて、資格手当をもらうことができますから。

大丈夫ですよ。業務隊などでガソリンの補給所にいる人はみんな取っている資格ですから。

ようするに自衛隊のレベルのおつむでも取ることができると言う資格ですね。

挑戦するだけしてみてもそんはしないんじゃないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です