自衛隊退職後にすぐに自殺

自衛官の寿命はなぜか短いです。

特に高卒からしっかりと勤め上げた人はなぜかぽっくりと死んでしまう人が多くいます。

理由はわかりませんが、はりあいがなくなるのか、退職後の転職先でストレスを抱えてしまう人がいるのかすぐに死んでしまいます。

本当に驚くほどそのような話を聞きます。

ぽっくり死なのでしょうか。

一例として退職後妻に熟年離婚を申しだされた元陸曹長がいました。

かなりやばいですよね、その人は自殺をすることになったのですが・・・・

その人は自衛隊にいるときから少し変わっていましたが、切れ者でした。

優秀な兵士だったんですが、熟年離婚の末自殺しました。

彼からしたら妻は自分が定年退職して退職金が入るまで待たれたということなんでしょう。

いやですね、自分の退職金のためにずっと夫婦関係を続けてきたんだと思うと心が痛みます。

きっと彼の性格では退職後の転職先でも上手く行かなかったと思います。

気が荒くて自分勝手なので。

自衛隊にいる間は切れ者ということと、階級で彼に意見を述べる人はいなかったようですが、外の会社では違います。

転職先でしっかりやらないと、そりゃ精神的に追い込まれるでしょう。

そこに追い討ちをかけるように熟年離婚だなんて災難としかいいようがありませんね。

自衛隊退職をしても決して自殺なんてしないでください。

これからも生きていれば楽しい事だってあるんですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です