ルンルンな給料日は…まさかの説教日。

大学の専攻は当時では珍しかった観光学部でした。

 もともと私は英語が好きで、どうせ英語を活かすなら+αで何か他の学問と絡めてそれを仕事にしようと思い、登山サークルと朝晩のバイトに明け暮れて単位が危ないことになっていた大学をなんとか卒業。

 新卒で入社した会社を、自らの意思で僅か2ヶ月で退職しました。

 当時は『若者は3年で仕事を辞める』といったタイトルの文庫本も売られていたので、転職が身近になってきた今に比べれれば私はよっぽどの根性無しに見えていたことでしょう。

 新卒で入った最初の就職先は、テレビCMも流していた教育系大手出版社の子会社でした。

 なぜか3月に泊まりがけの入社式があり、そこで朝から晩まで課題としてひたすらやらされたのが子供向け英会話教室の体験レッスンを親御さん相手に勧めるロールプレイングです。

 レクリエーションルームに集められてはうさん臭い営業トークを相手を変えながら延々とやらされるのです。

 終わったらみんなの前で発表し、各所長の納得のいくロールプレイングができるまでご飯とお風呂はお預けでした。

 真剣にやってないペアはガタイのいい強面の所長に「ふざけてんじゃねーよ!真剣にやれ!」と怒鳴られていましたね。

 あまりのしごきのキツさに耐えきれなかったのか、翌朝の朝礼では脱走者が1人でたという報告がありました。

 辞めるとき、あの時脱走した彼は正解だった、勘が良かったんだなと思います。

 各所長達の怒ると人格が豹変するところ、いつも一カ所に集まって女性の所長でもタバコをプカプカ吸いながら和気あいあい、というよりはヒソヒソコソコソ隠し事でもしているかのように喋っていた異様な雰囲気を嗅ぎ取っていたのかもしれません。

 いざ入社してみるとまず出社時間が暗黙の了解なか、き規定の時間よりかなり早かったです。

 結局は「誰よりも早く出社して、熱心にロールプレイングを練習しているヤツが偉い」というような空気が社内に漂っていたのです。

 辞めた後から気になって2ちゃんねるのスレッドをかなりの量見ましたが、私の引っかかった会社は教育業界では名のしれたブラック会社でした。

 それもそのはず、「すみません、その時間は今他の人のレッスンで埋まっちゃってますね〜。」と、ありもしないレッスンのスケジュールを伝えあたかも人気がある教室であるかのように『ものは試しですよ。』などと言って親御さんを騙すわけです。

 体験レッスンのアポが取れたお宅には後からデモンストレーターがその成績優秀者の懐をホクホクさせる元であるバカ高い英会話学習教材と共に訪れ、どうにもこうにも断れない巧みなトークで契約書にサインさせてしまうのです。

 私はといえばもともと時間外の労働に価値はないと思うタチだし、何よりうまくウソをつくことなどできないので、当然アポは思うように取れませんでした。

 更に新規開拓で茨城の片田舎まで行った日には営業所に戻るのが21時という日もあり、その後やる気をアピールしたい人はまだまだ先輩相手にロールプレイングを披露するわけです。

 こうして『会社に長時間居続ける=仕事熱心の負けず嫌い』と見なされ、次第に最初からターゲット顧客の多い地区の営業地図が従順でかわいい社蓄に渡されるようになり、勝ち組のスパイラルにうまく乗った人だけが残っていくという仕組みなのです。

 そんな波に乗るどころか溺れて足をバタつかせていた私にとっては、「来月はいくつアポ取るんだ?」と所長にジリジリ迫られる現金手渡しの給料日は説教日。

 本当に「で、これからどうするんだ?○○。」という風にまるで退職を促しているかのようにも聞こえたので、見切りをつけてさっさと退職してやりました。

 ま、そんなんで辞めてたまるか!と思える人だけがきっと生き残っていきやすい会社だったのでしょう。

 今思い出してみれば先輩方の乗ってる車、みぃんな高級車でした。

 よっぽど羽振りが良かったんでしょうねぇ。

 こうやってグダグダ愚痴ってるだけでもスッキリしてしてきたので、私にとっては辞めて正解だったと言い切れます。

 あー、せいせいした!(笑) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です