部下に指導ができない元幹部自衛官が営業職に再就職

私は自衛隊に長年所属していました。自衛隊では日本国民を守るためにがんばろうという気持ちで入隊しました。そんな気持ちで20年近く所属していました。

自衛隊と言うのは、体力と共に気力がなければやっていくことができません。私は体力にはとても自信があったのですが、気力が萎えてしまっていました。

理由としては、私は幹部自衛官という立場というため、部下の指導をしなければいけませんでした。しかし、私は部下の指導には向いていないようで、部下を思ったように育てることができませんでした。その結果、優秀な自衛隊員が出てこないと言うことになり、私の責任になってしまったのです。

上司失格の烙印を押され、私は自衛隊で働く意欲がなくなってきてしまいました。

意欲がなくなってしまうと、自衛隊にいる意味がなくなってしまうと思い、辞めたいという気持ちでいっぱいになってしまいました。結局数か月後には辞めてしまいました。

自衛隊を辞めて、しばらくは何もする気にはなれませんでした。でも、また再就職先を探したいという気持ちになってきました。インターネットでいろいろ調べていたら、自衛隊から転職したという人のことが書かれてありました。

その書かれていたことを参考にして、転職活動を行うことにしました。主に転職サイトを利用して転職活動を行うことにしました。どうしても、良い求人が見つからない場合は、ハローワークを利用することにしました。私は営業の仕事をしたいと思っていました。人と常に接していたいという気持ちがあるので、営業と言う仕事が良いと思ったのです。

ノルマが厳しいかもしれませんが、もっと厳しいであろう自衛隊に所属していたので、少しくらいの困難では乗り切れる自信がありました。転職サイトで探していたら、たくさん営業の仕事を見つけました。条件の良いところに応募することにしました。無事に採用してくれる会社を見つけたので、とてもありがたかったです。

再就職成功例:営業職

再就職おめでとうございます。

自衛隊では部下に指導することが得意ではなかったようですね、次の職場では営業をやるということでまずはプレイヤーとしてガツガツ稼いでいってください。

ノルマがある仕事だと思いますが、公務員とは違いやればやるだけ給料が変わってくるのが営業職です。

ですが、最終的には役職が上がればまた部下への指導が必要になってきますが、幹部自衛官時代に学んだことが役に立ってくるでしょう。

それに幹部自衛官とは違い一プレイヤーから上がって組織のマネージャーになるという道のりをたどるはずなので、あなたにはそれが向いているのかもしれませんね。再就職先でも頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です