技術営業アシスタントを英語が苦痛になり辞めました

派遣スタッフとして勤務することになったのは半導体メーカーの技術営業のアシスタントです。
同業の経験はなかったのですが、滞りなく事務作業を受け持っていました。
仕事内容としては、受注の受付、在庫の管理、出荷の処理、所要の管理、雑務処理で、難しいと思う業務はほとんどありませんでした。
ただ唯一困ることがあったのは「英語」です。
派遣の条件として英語は提示されておらず、面接で確認した時も英語が出来なくても問題ないとのことでしたが、やはりこの世の中英語から逃げることは出来ないんですよね。
日常の業務を行う上では、取引企業は日本の会社ですし、社内外の担当者も日本人である為英語ができなくても不自由なことはありません。
英語が必要になってくるのは、時々海外の支店の人とやり取りをする時、突然の英語の電話くらいで、パソコンの翻訳ソフトでなんとかこなしていました。
ですが、私もある程度はスムーズに英語での作業や会話ができるようになりたいと会社で募集している英会話のレッスンを受けたりもしましたが、必要にかられていないせいか結局身に付きませんでした。

そうして会社生活を送ること9年。
予想もしていなかったことが起こりました。
それは会社の倒産、外資系企業への吸収合併。

私の会社生活は一変しました。
同業者ではありましたが、会社が変わった以上業務が変わるのは仕方ありません。
ですが、相手は外資系企業。

本社や部署のトップはアメリカ人で、社内での共通言語は必然的に英語ということになったのです。

配属されたのは日本の支社でそこで働いている人は全員日本人なので、仕事を教えてもらう上で困ることはまったくありませんでした。

でも、困ることが圧倒的に多いのです。
まず、「会社共通のマニュアルが英語」

わからないことを探そうと思ってもどこを読めばいいのかわかりません。
そして「数字の取りまとめをしている人が外人」

日本語だと容易に説明できることを英語で説明しなければならない。
「出荷の依頼をする部署がアメリカ」
細かい指定の連絡を英語でしなければならないのですが、どう訳せばいいのかわからず仕事が進みませんでした。

「会議の主催者がアメリカ人」
会議も英語、資料も英語、翻訳しながらなんてまったく追いつかず、数時間苦痛な時間が続きました。

おまけに会議中は一緒に参加している人も通訳はしてくれませんでした。
そんな毎日を送っている中、パソコンで行う社内教育もこなさなければなりませんでした。

問題も選択の答えもすべて英語。
説明動画も英語。
もうお手上げです。

言葉の壁で仕事が思うように進まず、毎日終電近くまで働いている状態で約半年が過ぎた頃、もう精神的な苦痛が限界になり辞めることを考えるようになりました。

その頃ちょうど結婚の話も進んでいたので運よく寿退社という形で会社を辞めましたが、もし普通に辞めるとなると色々面倒だったんだろうなと今思ってもゾっとします。

やめてからの気分の爽快さといったら言葉では言い表せません。
忙しすぎるより精神席に追いつめられるほうが疲れが倍増するものなのだということを実感した半年だったように思います。